優良業者を見つけよう!ファクタリングのハウツー

>

こんな業者は絶対NG

ウソの情報を掲載しているかも?

優良業者がいる反面、悪質な業者も存在します。中には闇金が絡んでいて、知らずの内に犯罪に手を染めていたという可能性もあります。犯罪に巻き込まれない為には利用する業者を注意深くチェックし、優良と思ったところだけを使って下さい。

ネットからファクタリング企業を探す場合、必ず企業情報をチェックするのは当然です。しかしこれらの謳い文句にありえない数字の回収率を謳っている。手数料や事務経費が安すぎる場合は注意して下さい。回収率はその企業の腕だけでは無く、企業間の問題もあるので高くて6割程度です。それが9割、または確実といった情報があると怪しいと考えた方が良いです。

ファクタリングを利用するにはウソをしっかりと見抜ける力が必要です。

悪質な融資にはご注意

ファクタリングは元々売掛金の期日を待たずに回収するサービスです。その背景には担保や保証人の必要はありません。

融資や借入れなどの負債では無い資金調達がファクタリングのメリットなのに、これらの条件はその前提を覆してしまう事に当たります。悪質な業者は出来るだけ長く企業から金銭を引っ張りたいので、とにかく保証人・担保・償還請求権有りの契約を求めてきます。その際は安易に契約せずにすぐに然るべき機関へ相談して下さい。

知らない内に契約をしてしまった場合も泣き寝入りは無用です。国内では少しずつではありますがファクタリングの法整備が進んでいて、2020年にも大きな取り決めが可決されました。それによってファクタリングに精通している弁護士も増えています。


この記事をシェアする