優良業者を見つけよう!ファクタリングのハウツー

>

事業資金はいくら必要?

元々は海外で利用されていた?

日本では最近から浸透し始めた様に思えるファクタリングですが、1990年ごろのアメリカで既に今の原形が誕生していました。このサービスが日本に渡ってきたのは1970年ごろでした。

しかし当時の日本企業では手形取引や手形割引が一般的だったので、ファクタリング浸透せず一部の業界でしか使われない手段でした。しかし1990年ごろから手形取引に関してコストがかかる。または流動性が高くない事から徐々に衰退を始め、その代わりにファクタリングが利用される様になりました。海外とのやり取りが増えた事もファクタリング大きくなった理由の一つと言われています。

2020年には更に法整備が進み多くの企業が参入出来る様になり、これから更にファクタリングが一般的になると指摘されています。

マイナスになりにくいのが支持される理由

ファクタリングが企業から支持を得ている理由の一つとして、マイナスになりにくい。信用問題に発展しにくいという点が挙げられます。

企業にとって信用問題はとても大きなもので、いくら大きな企業でも信用問題が無ければ他の企業が取引してくれません。特に融資や借入れなどはダイレクトに反映されるので、資金繰りが厳しい時に難航する原因となります。

ファクタリングは今持っている売掛金の期日を待たずに回収するサービスです。売掛金は債権では無いので回収し、資金を得たところでマイナスになりません。元々は自社の資産を回収しただけなので、後々の事業展開にもデメリットを残しません。

但し売掛金を回収するタイミングも見誤ると資金繰りが厳しくなる可能性もゼロではありません。


この記事をシェアする